よくある質問

Common Question

1. 短大の学歴を持つ学生が、日本の大学院を申請することができますか。

 

 できます。短大の学歴を持つ学生は、日本の大学院、および研究生を申請する前に、まず、志望校の募集要項を参照して、受験資格があるかどうかを確認する必要があります。志望校の募集要項に記載されている条件に従って、審査書類を提出します。なお、受験資格に関する書類審査に合格したのちに、正式に大学院または研究生の受験願書を提出します。

 

2. 出身校が名門大学ではない場合でも、日本の一流大学に入れますか。

 

 できます。日本の大学院における入学試験は、主に三つの内容に分けられます。それは、出願書類、筆記試験と面接です。出願書類の中で、一番重要なのは研究計画書です。筆記試験は、受験勉強の内容で合否が決まります。面接も事前に十分準備できます。したがって、日本の一流大学に入れるかどうかは、自分の努力によって決まるのであって、決して中国の出身大学によるものではありません。

 

3. 日本の有名大学を志望したいのですが、英語の成績は必須ですか。

 

 英語の成績は、必ずしも提出しなければならないわけではありません。学問分野によって、英語力に関して求める条件は異なります。例えば、日本文学、日本語教育など高レベルの日本語能力が要求される分野では、英語の成績は必須ではありません。日本の大学院への受験を希望する学生は、まず志望校の募集要項に記載されている情報を確認のうえ、それに見合った受験計画を練る必要があります。

 

4. 日本語能力試験でN1の成績を持っていない場合でも、大学院に入れますか。

 

 N1は必須条件ではありません。しかしながら、もし志望校がN1を条件として提示していれば申請できません。一方で、志望校の募集要項において、N1の取得が条件として記載されていなければ、各受験生の日本語能力に応じて、申請するかどうかを判断します。日本の大学院受験では、日本語応用能力の中でも、主に書く能力とコミュニケーション能力が重視されています。この二つの能力は日本語能力試験の評価項目ではありません。したがって、日本の大学院を受験したい学生は、この二つの能力の獲得を目指して努力しなければなりません。

 

5. 日本留学試験の成績で大学院の受験に参加できますか。

 

 できます。一部の大学では日本語能力試験の成績は入試の必須条件ですが、多数の大学は日本留学試験の成績が日本語能力試験の成績と同じく使えます。また、大学により日本語を評価するために、独自な試験を行う場合もあります。

 

6. 中国では理系を専攻していましたが、日本では文系の大学院に申請できますか。

 

 文系の学問領域は、言語を研究の道具として用いています。したがって、日本語および英語の運用能力を有する学生は、中国で理系を専門としていたかどうかにかかわらず、商学、社会学、教育学などの文系に属する学問領域を受験することもできます。しかし、その場合には、研究内容と志望動機、および専攻を変更する理由を熟考する必要があります。

 

7. 研究生の場合、留学ビザを申請することができますか。

 はい、できます。一般に、国立大学の研究生は留学ビザがもらえます。しかし、私立大学の中には、来日した後に、大学院を目指す外国人留学生に対して、ビザを発行しないところもあります。ビザの発給条件に関しては、各大学の事務室に確認する必要があります。

九成株式会社

 

  弊社は2013年8月、日本の大学院への進学指導サービスを提供することを目的に設立しました。現在は日本語学校、専門学校、大学及び大学院への進学を目指す留学生や社会人に向けての人材教育コンサルティング会社へと成長しました。

連絡先

 

東京本社

Mob:080-3258-3988

TEL:03-3988-8867

FAX:03-6912-8439

E-mail:shuning@kyuseijp.com

アクセス:東京都豊島区東池袋1-42-14 

       28山京ビル601

福岡支社

TEL:092-406-9240

​FAX:092-406-9240

アクセス:福岡県福岡市中央区大名 

     2-9-30 淀ビル203

 

 

Wechat:gakkenjp

QQ:2199384266

Wechatプラットフォーム:九成日本留学

Weibo:@九成日本升学

九成日本留学

Wechatプラットフォーム

Weibo

九成日本升学

Wechat:xueyanF1

QQ​:3357594489

Wechatプラットフォーム:九成日本留学

Weibo:@九成日本升学